読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幻石〜5つの石を探す旅〜

素人の一次創作、幻石のサイトです。

魔法について

この世界には魔法が存在する。
属性は火、草、水、光、闇の5つ。
妖精はその種族にあった属性を1つだけしか使用できない。
しかしその分魔力自体はとても高い。
火→サラマンダー
草→シルフ
水→ウンディーネ
光→ピクシー
闇→インプ
異種族である妖精の混血の場合も、1つしか使用できない。
例:シルフとサラマンダーの混血であるサージャは草魔法しか使えない。
ただし妖精と妖精でない種族との混血であれば、複数使えることもある。
人間は努力次第で3つまで使えるようになるが、例外としてベネジクトは5つ全て使うことができる。
他にも4つ5つ使える人がいるかもしれない。
人間は複数使える可能性があるかわりに、魔力自体は低め。
その為専用の魔法道具(主に杖)で魔力を増幅させている。
素手で出した場合には、火属性を例に取ると少量の火の粉程しか出すことはできない。
魔物も妖精と同じく1つの属性しか使うことはできない。
それに加え魔力もさほど高くはない。
但し人間よりは高い。
基本的に妖怪の血が流れているもの以外は魔法が使える。
しかし魔法の素質が皆無な人間も存在する。


人間の場合、魔法を使うための条件として、素質とは別にスペルストーンという道具が必要となる。
その名の通り石で、この世界の石は幻石を除き全てスペルストーンになりうる力を秘めている。
その力を引き出す条件は魔法の素質があるものがそれに触れること。
使える属性に応じて色が変わる。
火→赤
草→緑
水→青
光→黄
闇→紫
常に身につけておかないと魔法は使えない。
なので大体の人がアクセサリーとして身につけている。(例:ベネジクトは指輪の装飾にして所持している)


スペルストーンには魔法を使えるようにすること以外に、魔術を記憶させることができる。
これを魔法使い達はナンバリングと呼び、どんな魔術だったかは自分で覚えておかなければならない。
例えば火の粉を出す魔術を1番、大きな炎を出す魔法を2番に記憶させたとする。
発動するときは「火魔法その1」と発言し、力を込める。
すると火の粉が現れる。
しかし自身の記憶が曖昧であったり、間違えて「火魔法その2」と発言し力を込めた場合、大きな炎がでて大惨事となる。



属性ごとに使える魔法が限られている。
火→攻撃(広範囲)
草→小細工
水→サポート
光→回復
闇→攻撃(狭い範囲)
火属性はそのままの意味。
草属性は情報伝達やワープ、身を潜めるといったあった方が確実に便利といったものを得意とする。
水魔法は攻撃力、防御、移動の強化や、バリアなどの類。光属性程ではないが回復も出来る。
光属性も闇属性もそのまま。
ただしレベルの高い闇属性には人を操ったりすることもできるらしいがあくまでも噂であり、見たものはいない。